20192018|2017|20162015201420132012
201120102009200720062005200420032002

2017.12.12




パリ&イギリスの田舎町ルイス〜

先月はパリは日帰りでロンドンに戻り、日曜日にはロンドンから電車で1時間ほどのルイスを訪ねました。
とても小さな町ですがアンティークショップや面白いお店が多くイギリス人の観光客も多いと感じました。

今月は本州からのお客様が毎週のようにいらっしゃいます。
札幌は例年並みの寒さですが、天候の急変もあり旅行には不向きな時期にもかかわらず北国らしい雰囲気を味わえるこの時期を選ぶのでしょうか?でも、美味しい食材が豊富な時です・・・!

私たちはよく旅をします。

私たちは旅に出る時に、その旅に出る理由や目的、意味があらかじめはっきりとあるから旅に出るのだと思っています。
ところが、いざ旅立ってみると、そんなあらかじめ持っていた旅の目的や意味は、実は自分を旅立たせるための単なる動機にすぎないのであって、その旅の真の目的は別にあるのだと気ずくことがあります。

知識として知っているということと、感動とともに体験するということは決定的に違います。

みなさん、旅に出ましょう!

2017.9.25



ウィーンカフェ巡り〜

先月はロンドンからウィーンに移動し仕事の合間にカフェ巡りをしておりました。
左端がカフェ・ザッハ―、真ん中がカフェ・セントラル、その右がウィーン美術史美術館のカフェです。
ウィーンにはたくさんのカフェがあり、その特徴も様々ですが、体験した数あるカフェの中でもちょっとカフェの域を超えていると感じたカフェでした。
フランス・パリのカフェ、イギリスのティールーム、イタリアやスペインのカフェ等など、国と地域によって随分と違いがあります。
旅人の憩いの場所カフェの魅力はつきません。

私たちはよく旅をしますが、人はこの地球上にほんの一時滞在しあちらの世界に戻り再びこの世にやってきます。このようにして何度も行ったり来たりを繰り返しています。つまり時間の旅人でもあります。

神に与えられた自分の身体を使って様々な体験をし学び少しは成長してあちらに戻る〜この繰り返しです。無駄な事、無意味なことはひとつもありません。どのような些細な体験、選択、感動、学び、後悔、すべてが自分に戻ってきます。

でも、時には一杯のお茶で心と体を癒して下さい。
カフェ巡りとガーデン巡りはまだまだ続きます。

2017.7.25




北海道ガーデン巡り〜

北海道にも最近は素敵なガーデンがあちこちにできています。今月は薔薇の咲き誇るガーデンで早朝からアンティークシルバーと共に撮影をしたり、翌週には十勝の麦畑での撮影に挑戦と楽しいながらハードな時間を過ごしておりました。
※薔薇のガーデンは銀河庭園です。

2017.7.10



私達の書籍が出来ました〜

先月はユーロスターでパリまでいっておりました。撮影と買い付けの旅ですが比較的天候も安定していて過ごしやすいパリでした。
本当に時間の経つのは早いですね。
今年はアンティークの仕事を始めて20年を迎え二人で書籍を出版しました。この後はどんな人生になることやら・・・。
2017.4.10



人生には様々なお茶のシーンがありますが、今回はロンドンの地下鉄グリーンパーク駅をすぐ下に見下ろす RitzLondon からです。
随分と昔、”ノッティングヒルの恋人”という映画がありましたが、ここのお隣の部屋で撮影されたとレセプションの人が話していました。

夕暮れが迫る慌しい時間にゆったりと頂くティータイムは、思いがけなく喧騒から離れ、時間の流れが変わったようでした。
辛く苦しい時は時間の流れが遅くなり一体何時になったら終わるのだろう?と感じ、また楽しい時はあっという間に過ぎていきます。

ときには時間の流れを変える一助となるのが、お茶タイムです。

本当に人生の至福の時間です。


今月、私達は桜の開花にちょっと早い京都にいっておりました。
二人にとって大事な方のお見舞いです。春になったら行きましょうと昨年から心に決めておりました。

もう20年程前ですが、彼の観命をしました。その時の彼の質問は、彼が所属する組織のトップになれるか?でした。
もちろん、と私は即答したのですが、それ以上のことは話しませんでした。観命表には彼はトップになれるどころかトップを造る人間になる、つまりキングメーカーになると告げておりました。
ただ懸念が一つありました。
時間との闘いです。
トップを続けるには時間が足りるかな?という不安がありました。

彼はトップを直前にして病に倒れ、後輩をトップに押し上げ・・・、しかもまだ残されたわずかな時間をどうしたものかと思案しておりました。

残された時間をどう生きるかは、まさに全くの想定外の人生にどう立ち向かい、どのような意味を見い出すか? 彼の真の闘いが今なされていると感じました。


20192018|2017|20162015201420132012
201120102009200720062005200420032002

運命は変えられる占者ボイス簡易鑑定鑑定依頼リンク観命について