20192018201720162015201420132012
20112010200920072006200520042003|2002

2002.12.9

”マイノリティーリポート”
雑感

年に何回かヨーロッパにいきますが、先月飛行機の中でたまたまこの映画を見ました。あまり面白かったので帰りにも見てしまいました。 トムクルーズ主演でスピルバーグ監督というゴールデンコンビだったのですが、予想に違わず見ていて本当に良く練られているなと感じました。 自分が日々感じていることがまさにそのものズバリのドラマとして展開されておりました。 長くなるのであらすじは省きますが、自分の運命が予測され、まさにその通りに現実が進んでいくリアリティーは見事です。私達の未来はかなりの部分が決まっています。だからこそ観命法であれ何であれ予測ができます。 しかし、実は、私達は未来を変えることが出来るのです。 だからこそ、私達はこの世に生まれてきたとも言えます。 予測された未来をただ生きるのではなく、少しでも自分の心が求める生き方をするためにいつでも自分が”変える事の出来る現在”に全力を尽くすのが本当の生きる意味だと思います。ただ、映画にも描かれているように、それが如何に難しいことか!!
私の観命法も少しはそのお手伝いができるのではと考えております。
また、 皆様のご感想も拝聴してみたいものと思うこのごろです。

2002.9.22

相性と運勢について

半月ほど留守にしていたのでお返事が遅れていました。陳謝。

いつでも多いのは相性についての相談です。現在お付き合いしている方との相性はどうでしょうか?とか、今の夫
との相性はどんなですか?などなど。
ところが、ほとんどの場合はお互いに一緒にいることによって相手を傷つけたり社会から被害を招いたりとか、なんらかのトラブルを引き起こす関係が多いのです。人間関係にはすべて意味があり、最も自分を成長させてくれるような相手を選んでいる場合が多いというのがその理由だと思われます。そのため、二人で幸せになっていくためにはどちらかが生き方を変えるとか、時にはお互いが生き方を変えていく必要に迫られたりしがちです。この場合は辛くても自分自身で決断し行動していく事によってそのトラブルを乗り越えることが出来ます。相性というのは不思議なもので、一方的に相手の社会運を壊したり、または自分の経済運や健康運をどんどん損なっていく相手だったり、または、一緒に暮らすだけで経済的に恵まれ幸せになっていくという場合ももちろんあります。
ところで、相性というのは異性間だけとは限りません。 仕事上の人間関係や親子、兄弟間でも同じように作用します。そのため、たとえば親孝行の息子が親の事業を引き継いだ場合に、お互いに社会運 、健康運を壊しあう関係だったりすると、もっとも辛い関係になったりする場合があります。

2002.7.27

姓名判断と運命鑑定

最近、名前についての問い合わせが続きました。それで、名前と運勢との関係について私なりの考えを書いてみたいと思います。

先日、ご相談に見えた(若い女性 )方ですが、ご自分の名前を使うのがどうしても重荷で仕事の時などは少し違う名前にしているがどのような影響がありますか、というご質問でした。その方の基本的な運勢はとても恵まれたもので、もともとの名前もそれにふさわしいものでした。ところが通称で使っている名前は運勢的にはかなり危険なもの で、このまま使っていると悪い影響が出てくる恐れがありました。

このような悩みを抱えている方は多いと思いますが、そもそも名前というのは商店に例えますと看板のようなもので、その内容にふさわしい名前が授かっているものなのです。ところが自分の都合で名前を変えると中身と違った
ものになってしまいます。 ただ本格的に改名をしたり、結婚して姓が変ったりして自分の生き方自体を変えた場合
は内容も変る訳ですから、次第に運勢も変化していきます。

このように名前によって運勢が変るのではなく自分の生き方自体を変えることによって運勢は変っていくものなのです。そうは言っても誰でも悪い運勢よりは良い運勢になりたいのが人情ですから、せめて名前だけでも変えたい
と考えるのだとおもいます。生年月日は変えられませんが、名前は変えることが出来ますからね。

2002.7.19

運命は波のようなものですが、では自分の運命サイクルがわかっているとしたらどのように行動したら良いのでしょうか?運勢が弱い時というのは季節でいうと冬のような時ですから、家を建てたり長期の旅行などの大きな事業はなるべく控えめにして次にやって来る春に備えて計画を練ったり資格を取ったりするなどの準備をする時です。
そして運勢の良い時はそれまで準備したり暖めてきた計画をどんどん実行に移す時と考えて下さい。 けっしてのんびりと昼寝をする時ではないのです。得てして運勢の良い時は何となくほんわか楽しいなーと過ごしてしまいがちです。でも本当はそういう時こそ頑張り時なのです。嵐の時は早めにに避難をし、季節の良い時には仕事に励む、自然体の生き方が出来るようになるととても楽になってきますよ。

2002.6.9

このような運命鑑定を始めて5年ほどになりますが、自分の運命を知る効用とはどんなものかとよく考えます。

人間の運命は波のようなものですが、その波には様々の大きさがあります。まず1年ごとの波、それに各人の固有の波、これには1年〜12年位の違いがあり最も長いサイクルでは60年周期というのもあります。
これらの波が様々にからみあって大きなうねり、小さな流れが出来てきます。そのため、似たような出来事がある周期で繰り返されるように感じることもあるかと思います。しかし、詳細に見ていくと微妙に違うのがわかります。

たとえて言いますと天気予報での季節の変化と大きな気象変動の違いのようなものと思われます。
天気予報との違いはそれぞれの人により変化する周期がまったく違う点です。ある人は数ヶ月で四季の変化があり、またある人は数十年もかけて人生いの四季を味わうということになります。
いずれにしても、今、自分はどのような季節を生きているのか、また次の季節はどんな季節でそれは何時始まるのかがわかると、人生の計画を立てやすくなります。
”雨の予報がでたら傘を用意する ” とても助かりますよ!

20192018201720162015201420132012
20112010200920072006200520042003|2002

運命は変えられる|占者ボイス|簡易鑑定鑑定依頼リンク観命について